保育士の試験とピアノについて

保育士の試験とピアノについて、保育園の試験の場合には、ピアノ演奏が出来るのかどうか?が試験内容として出てくることがあります。

これは、もちろん、保育園によっても、さまざまですが、実際にあります。

http://www.hoikushibank.com/kanagawa

これは、保育園の傾向にもよりますが、例えばピアノを必要とすることが、保育園では多いため、小さなお子さん、園児さんたちと、保育士さんが歌を歌う際には、必ずピアノを伴奏で弾いて、そこから保育園児さんが、一緒に保育士さんと歌を歌う、このような仕事があるため、特に特殊な保育園では、試験の実施の際に、ピアノを弾くことが出来るのかどうか?を試験内容の課題として出すケースがあります。

保育士の求人に関する特集が満載です。

また、ピアノのレベルについては、当然ですが、音大卒業レベルのようなピアノ演奏が出来なくても構わないので、安心して採用の募集に応募が出来ると同時に、もし、ピアノが苦手な人の場合でも、社会人になってから、ピアノを習って、ある程度は弾けるようになる人もとても多くいるため、それほど心配する必要はありません。



この他にも、保育士の採用の場合には、保育園での場合には、その保育園の傾向などが強く出る場合があり、例えばクリスチャン系の保育園の場合や、仏教系の保育園の場合には、通常の保育園とは異なった内容の問題などが、出される場合があるため、そのような保育園に就職を希望している場合には、対策をしっかりと行っておくことが、とても大切なこととなります。